FC2ブログ

ホームページをリニューアルしました!(2018年夏)

201808120201374b5.jpeg


ホームページをリニューアルしました!
mizuumi-plan.com

このブログにはこれまでのみずうみの記録が残っており、訳あって【ものを書くための、読書会】のイベントはこちらにアップしています。
今後、mizuumi-plan.com に統合していく予定ですので、どうぞよろしくお願いいたします。

ことばを食べるカフェみずうみ


テーマ : お知らせ
ジャンル : ブログ

8.11(土)19時〜【ものを書くための、読書会】vol.16

20180805143626a64.jpeg

8月11日(土)19時〜22時 "読んで、話して、書いてみる"【ものを書くための、読書会 vol.16】ご参加受付中です!

毎度おなじみ“Web発”の評論サークル<アレ★Club>が、今月も<みずうみ>でもの書き読書会を開催いたします!

前回は代表オススメの料理エッセイ『亡命ロシア料理』を皆さんと一緒に読んだこの読書会ですが、参加者さんからカレーの話が出て盛り上がったため、今回も「食べる」をテーマに、当日読む作品を決めました。

今回読む『カレーライスと日本人』はエッセイではありませんが、カレーに関する研究書としては先駆け的な名著です(『美味しんぼ』でも紹介されていたので、ご存知の方もおられるかもしれません)。
「なぜ日本人はカレーが好きなのか?」について読んで、話して、考えながら、実際にものを書いてみませんか?

大学院で文学研究をしている代表が優しくレクチャーしますので、読書会に参加したことがない方、「普通の読書会では物足りないなぁ」と思っておられる方、是非ともご参加ください。

【今回読む作品】
森枝卓士『カレーライスと日本人』
※当日作品のコピーを配布します

【当日のタイムテーブル】
19:00 アイスブレイク・自己紹介(10分)
19:10 読んでみよう(15分)
19:25 読んで思ったこと・考えたことを話してみよう(35分)
20:00 エッセイの書き方についてのレクチャー(20分)
20:20 休憩(10分)
20:30 実際に書いてみよう(50分)
21:20 書いたものを簡単に発表しよう・みんなで寸評しよう(25分)
21:45 まとめ・次回予告(15分)
22:00 終了


【参加費】¥1000 (お茶菓子つき) 【定員】7名
〜初めて・数回目の方もお気軽にご参加下さい〜

【参加方法】
下記メールフォームからお申込みお願いいたします。
https://form1ssl.fc2.com/form/?id=b59c71ad69634879


【場所】ことばを食べるカフェ・みずうみ
大阪市中央区谷町6-5-26 複合文化施設 萌2F
地下鉄 谷町六丁目②出口〜徒歩3分
http://mizuumi-plan.com/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【主催者紹介】
20171115212732a41.jpeg

・山下泰春(ヤマシタヤスハル)
1992年大阪生まれ。同人サークル<アレ★Club>代表。現在、某大阪府内の大学院に在学中。専攻はドイツ文学。

・永井光暁(ナガイミツアキ)
1986年大阪生まれ。同人サークル<アレ★Club>事務局長。某大阪府内の大学院を修了後、ひょんなことからフリーライターになる。大学院での専攻はフランス方面の哲学。

・アレ★Club(Twitter:@club_are)
2016年に結成した評論サークル。2016年11月に機関誌であるジャンル不定カルチャー誌『アレ』を創刊。先日、念願のジャンル不定カルチャーWebマガジン「コレ!」をオープン。
※「コレ!」:https://are-club.com/

・『アレ』
<アレ★Club>が作っている“世に転がる「アレ」なモノ・コトを発信する”をコンセプトとするジャンル不定カルチャー誌。新刊のVol.4では「人の外から、あるいは人から外れて」という特集を組み、哲学者の小泉義之氏とロボット工学者の金岡博士にインタビューを行った他、ひょんなことから特集巻頭言を哲学者のアラン・バディウ氏から書いてもらった。現在、早くも今年秋に刊行予定の新刊『アレ』Vol.5を制作中。

201805131321499b9.jpeg

テーマ : イベント
ジャンル : 学問・文化・芸術

7.14(土)19時〜【ものを書くための、読書会 vol.15】

201807072146011b3.jpeg

7月14日(土)19時〜22時 "読んで、話して、書いてみる"
【ものを書くための、読書会 vol.15】ご参加受付中!

毎度おなじみ“Web発”の評論サークル<アレ★Club>が、今月も<みずうみ>でもの書き読書会を開催いたします!

<みずうみ>さんで読書会を始めて1年以上が経ちましたが、これまで参加者の皆様から「この読書会では普段なら絶対に読まないような作品を読んでディスカッションをするから面白い」というコメントを多数いただきました。

そこで、今回は「食べる」をテーマに、代表オススメの料理エッセイ本を読みながら、エッセイの内容についてディスカッションをした後、実際にエッセイを書いてみるというワークショップを実施します。

大学院で文学研究をしている代表が優しくレクチャーしますので、読書会に参加したことがない方、「普通の読書会では物足りないなぁ」と思っておられる方、是非ともご参加ください。

【今回読む作品】
ピョートル・ワイリ/アレクサンドル・ゲニス『亡命ロシア料理』
※当日作品のコピーを配布します

【当日のタイムテーブル】
19:00 アイスブレイク・自己紹介(10分)
19:10 読んでみよう(15分)
19:25 読んで思ったこと・考えたことを話してみよう(35分)
20:00 エッセイの書き方についてのレクチャー(20分)
20:20 休憩(10分)
20:30 実際に書いてみよう(50分)
21:20 書いたものを簡単に発表しよう・みんなで寸評しよう(25分)
21:45 まとめ・次回予告(15分)
22:00 終了


【参加費】¥1000 (お茶菓子つき) 【定員】7名
〜初めて・数回目の方もお気軽にご参加下さい〜

【参加方法】
下記メールフォームからお申込みお願いいたします。
https://form1ssl.fc2.com/form/?id=b59c71ad69634879


【場所】ことばを食べるカフェみずうみ
大阪市中央区谷町6-5-26 複合文化施設 萌2F
地下鉄 谷町六丁目②出口〜徒歩3分


【主催者紹介】
・山下泰春(ヤマシタヤスハル)
1992年大阪生まれ。同人サークル<アレ★Club>代表。現在、某大阪府内の大学院に在学中。専攻はドイツ文学。

・永井光暁(ナガイミツアキ)
1986年大阪生まれ。同人サークル<アレ★Club>事務局長。某大阪府内の大学院を修了後、ひょんなことからフリーライターになる。大学院での専攻はフランス方面の哲学。

・アレ★Club(Twitter:@club_are)
2016年に結成した評論サークル。2016年11月に機関誌であるジャンル不定カルチャー誌『アレ』を創刊。現在、先月開催された第二十六回文学フリマ東京での初頒布を終え、新刊『アレ』Vol.4を絶賛発売中。

201805131321499b9.jpeg

・『アレ』
<アレ★Club>が作っている“世に転がる「アレ」なモノ・コトを発信する”をコンセプトとするジャンル不定カルチャー誌。新刊のVol.4では「人の外から、あるいは人から外れて」という特集を組み、哲学者の小泉義之氏とロボット工学者の金岡博士にインタビューを行った他、ひょんなことから特集巻頭言を哲学者のアラン・バディウ氏から書いてもらった。現在、早くも今年秋に刊行予定の新刊『アレ』Vol.5の制作を開始。

テーマ : イベント
ジャンル : 学問・文化・芸術

6.30(金)19時〜夜喫茶【星のみずうみ】ChangeMe

20180624050040632.jpeg

6.30(土)19時〜21時
【夜喫茶〈星のみずうみ〉ChangeMe】オープンします!

☆彡 占星術師コトーがあなたのホロスコープをもとに楽しくお話しする夜喫茶・星のみずうみ ☆彡

「変革の時期の始まり!」
6月の夜は、現在の天王星の位置が貴方にどのような影響を及ぼしていくかを探ってみませんか?

一つの星座を約7年間で進む「改革」を意味する天王星が、牡羊座→牡牛座に先月移動しました。何か変化はありましたか?

今後7年間をかけてあなたがどのように変わっていくか、自分自身の改革のポイントを確認してみましょう。


☆彡今回の紅茶は〈ダージリンの炭酸水出し〉で、優雅にビビットに! ・・・星を食べるお菓子と一緒に☆彡

【参加費】1000円(お茶菓子つき)

【参加方法】
メールにて mail@mizuumi-plan.com
タイトル:星のみずうみ参加 内容:お名前

もしくは
Facebook or Twitter でメッセージをお願いします
http://www.facebook.com/cafe.mizuumi/
http://twitter.com/cafe_mizuumi

※はじめて参加の方は、事前に生年月日・出生場所・出生時間をお伝えください。


☆彡☆彡☆彡
そして、会の後には個別セッション(イベント価格1コマ15分1000円)をご用意しております。
ご希望の方はお申し込みの際にお知らせください。
当日でも枠に空きがあれば受付致します。お気軽にどうぞ。

①21:15〜、②21:30〜、③21:45〜
(こちらのご予約も、みずうみへお知らせお願いいたします)

20180303225339025.jpeg

【占星術師コトー】

◎占星術はオーストラリア人キット・アドラン氏、Green e Books(京都)にてバジル先生、大阪にて月華先生に師事

◎京都らしい紅茶教室 「ティージョルノ」にてティージョルノ ティーコーディネーターディプロマ取得 ◎ラジオ好きなアラサーOL

ブログはこちら☆彡
(これまでの星のみずうみのレポートも!)
http://blog.livedoor.jp/astrokotoh/

テーマ : イベント
ジャンル : 学問・文化・芸術

6.9(土)19時〜【ものを書くための、読書会 vol.14】

201806022154300dc.jpeg

6月9日(土)19時〜22時 "読んで、話して、書いてみる"【ものを書くための、読書会 vol.14】
今回はいつもよりお申込みが多いため、みずうみのすぐ向かいの往来さんでの開催も検討中です。

先月新刊『アレ』Vol.4を刊行した<アレ★Club>が、今月も<みずうみ>でもの書き読書会を開催します!

今回も「ちょっとしたエッセイを書いてみたい」、「エッセイの書き方やノウハウを知りたい」という方向けに、短いエッセイを実際に読みながら、エッセイの内容についてディスカッションをした後、実際にエッセイを書いてみるというワークショップを実施します。
大学院で文学研究をしている代表が優しくレクチャーしますので、読書会に参加したことがない方、「普通の読書会では物足りないなぁ」と思っておられる方、是非ともご参加ください。


【今回読む作品】
黒崎美香「羞恥との戦い―『スポニチ』によるアイデンティティの確立」(『アレ』Vol.4収録)
※当日作品のコピーを配布します

【当日のタイムテーブル】
19:00 アイスブレイク・自己紹介(10分)
19:10 読んでみよう(15分)
19:25 読んで思ったこと・考えたことを話してみよう(35分)
20:00 エッセイの書き方についてのレクチャー(20分)
20:20 休憩(10分)
20:30 実際に書いてみよう(50分)
21:20 書いたものを簡単に発表しよう・みんなで寸評しよう(25分)
21:45 まとめ・次回予告(15分)
22:00 終了


【参加費】¥1000 (お茶菓子つき) 【定員】7名
〜初めて・数回目の方もお気軽にご参加下さい〜

【参加方法】
下記メールフォームからお申込みお願いいたします。
https://form1ssl.fc2.com/form/?id=b59c71ad69634879


【場所】ことばを食べるカフェみずうみ
大阪市中央区谷町6-5-26 複合文化施設 萌2F
地下鉄 谷町六丁目③出口〜徒歩3分


【主催者紹介】
・山下泰春(ヤマシタヤスハル)
1992年大阪生まれ。同人サークル<アレ★Club>代表。現在、某大阪府内の大学院に在学中。専攻はドイツ文学。

・永井光暁(ナガイミツアキ)
1986年大阪生まれ。同人サークル<アレ★Club>事務局長。某大阪府内の大学院を修了後、ひょんなことからフリーライターになる。大学院での専攻はフランス方面の哲学。

・アレ★Club(Twitter:@club_are)
2016年に結成した評論サークル。2016年11月に機関誌であるジャンル不定カルチャー誌『アレ』を創刊。現在、先月開催された第二十六回文学フリマ東京での初頒布を終え、新刊『アレ』Vol.4を絶賛発売中。

・『アレ』
<アレ★Club>が作っている“世に転がる「アレ」なモノ・コトを発信する”をコンセプトとするジャンル不定カルチャー誌。新刊のVol.4では「人の外から、あるいは人から外れて」という特集を組み、哲学者の小泉義之氏とロボット工学者の金岡博士にインタビューを行った他、ひょんなことから特集巻頭言を哲学者のアラン・バディウ氏から書いてもらった。現在、早くも今年秋に刊行予定の新刊『アレ』Vol.5の制作を開始。

201805131321499b9.jpeg



テーマ : イベント
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

壽谷 祐実  Sudani Yumi

Author:壽谷 祐実 Sudani Yumi


○人と話すこと、少人数で話し合うこと、楽しく話しながら勉強することが好きです

○言葉に興味を持っています

○食に関すること全般が好きです(食べる、料理、カフェ、農)

○アート全般が好きです
(音楽、映画、映像、演劇、写真、絵画、漫画、小説、空間、プロジェクト)

2015年12月から『ことばを食べるカフェみずうみ』を運営。訪れる様々な方とお話ししているうちに様々な企画が立ち上がっては実施するということを現在まで繰り返しています。人の文化の源流である言葉を対話の中でじっくりと味わい、より豊かな文化の土壌づくりを目指しています。


mail@mizuumi-plan.com

Twitter: cafe_mizuumi